MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 服装

ボウリングシューズ
【ぼうりんぐしゅーず】

貸しシューズのデザインが「ダサい」のは、盗難防止のため!?

いくら貸しシューズとはいえ、ボウリングの貸しシューズにはあまりセンスが感じられないだろうアンバランスな配色とデザインに不満を持っている人も少なくないかもしれない。さて、日本でボウリングが空前のブームになったのは、一九六〇年代。ボウリングは最先端のファッションとして人気を集めた。その流れのなかで、女子プロボウラーが履いたミニスカートが流行し、コカ・コーラを飲みながらプレー楽しむ若者がカッコいいとされた。それなのに、なぜシューズは「ダサく」なってしまっただろうか。とあるボウリング関連組織の方の話では、「あえてダサくしている説」が有力だそうだ。それは、ブームによりボウリングシューズも人気を集めた結果、盗難事件が多発したのだという。確かに古着屋でごくたまに見かける昔のボーリングシューズは、おしゃれでカッコいい。欲しくなる気持ちもわからないでもない。しかし、経営者にとって貸しシューズは立派な収入源だから、それを盗難から守らなければいけなかったのだ。そして経営者が思いついたのが「シューズをダサくする」である。もし誰も気に入らないように、とびきりダサいデザインならば盗難は起こらないだろう。履き心地が悪ければ欲しいと思わないだろう。たとえ持ち出されたとしても、奇抜な色づかいのものでは目立ってしまい、すぐに見つかるだろう。そういう発想により、ボウリングの貸しシューズはダサいものに大きくモデルチェンジし、現在にいたるというわけだ。その作戦が成功したのか、現在もボウリングシューズの盗難事件という話はあまり聞かない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820807

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト