MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類

ホオジロザメ
【ほおじろざめ】

時速二五キロで突進してくる海の殺し屋

恐怖感を高まらせる独特の音楽とともに近づいてくる人喰いザメの映画といえば『ジョーズ』だ。大きな口のなかに見える尖った歯が不気味で、映画を見てから怖くて海に行けなるという人もいるという。ジョーズは、サメの仲間のなかで最も獰猛なことで知られるホオジロザメだ。全長四?五メートル、体重は一トンほどで、なかには全長八メートル、体重は三トン近くになるものもいる。化石種には一八メートル達するものもいたといわれている。冷温帯地域の沖合から沿岸の水深一〇〇メートルあたりを遊泳しており、日本近海では中部以南の沿岸部に生息している。ときに人を襲うことでも知られるホオジロザメが普段獲物としているのはアザラシなどの海棲哺乳類や魚類で、マグロのような大型魚はもちろん、ときにはコバンザメも襲って食べるといわれる。遊泳中の時速は平均三・二キロだが、獲物に襲いかかるときの速度は一七?二五キロと一気にスピードアップする。人間ではオリンピック級の水泳選手でも時速八キロほどというから、その速さは想像できるだろう。獲物に近づいたホオジロザメは、吻ふんという上唇にあたる部分を持ち上げて、下あごを下げるそしてあのギザギザになっている三角形の歯で獲物に喰らいついたら、もうどんな魚も逃れられない。しかし、そのホオジロザメは、マグロのはえなわにかかったりして捕獲されることもよくある。そのヒレはフカヒレとして、身はかまぼこの材料として有効利用されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820809

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト