MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

ボウリング
【ぼうりんぐ】

ボウリングのピンの数は、宗教革命の立役者ルターが決めた!?

ボウリングの起源は古い。紀元前五二〇〇年頃に埋葬された古代エジプトの子どもの墓からピンとボール大理石ゲート一個というボウリングセットが発見された。ボウリングの語源は、イギリスで最も古い「弓」の競技に次いで古い屋外競技「ボウルズ」だが、ボウリング競技の内容の由来は、「ケーゲル」というドイツのゲームに近い。ケーゲルは、木製の徳利型のものにボールをぶつけて楽しむ競技である。このゲームは、おもに教会などで流行して広まったので、なんと宗教改革で有名なマルティン・ルターが熱心なファンで、ピンを九本と定めたのは、このルターだったという説もあるくらいだ。その後、オランダの移民からアメリカに伝わり、一八二〇年頃にはアメリカに広く普及した。当時の記録によれば、この当時もまだピンの本数は九本で、そのためボウリングは「ナインピンズ」などと呼ばれていたという。日本では、明治期に創刊された本のなかで、「九柱戯」と訳されている。その後、アメリカではギャンブルに使われるようになってしまい、コネチカット州やニューヨーク州が「ナインピンズ」を禁止した。この禁止事項を逃れるために悪知恵を働かせて、ピンを一〇本にして禁止を逃れようと考えたものがいた。そのおかげで、以後はピンが一〇本になったという。ちなみに日本では、一八六一(文久元)年、長崎の出島にオランダ人経営のサロンボウリング場がオープンしたのが最初で、一八六九(明治二)年には長崎ボウリングクラブが結成されている。一九三一(昭和六)年になると、浅草松屋デパート屋上にボーリング場が備えられ、終戦後、一九五二(昭和二七)年には、大型施設の東京ボウリングセンターオープンし、一般的な娯楽の場として人気を博すようになる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820806

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト