MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

パスツール
【ぱすつーる】

公私混同で大論争!? 血の気の多い細菌学者

細菌学者パスツールは、基礎研究をめざす化学者としてスタートし、発酵の研究から乳酸菌や酵母を発見したり、低温殺菌法を編み出して、ワインビールなどの醸造にも大いに貢献した。その後、蚕の病気の予防法を発見し、絹糸業を発展させるなど、フランスの産業にも大いに貢献している。さらに伝染病へと研究を進め、炭疽菌や狂犬病ワクチンを発明して予防医学で大きな功績を残したのであるパスツールは心優しい人で、狂犬病予防接種を受けた子どもたちの身を案じて眠れないこともあったという。予防接種によって命を取りとめた子どもたちには手紙を書いて励まし、予防接種をしたけれども手遅れで回復しなかった少女が息を引き取る際は、最後まで少女の手を握り続けていたという逸話も残っている。人間の苦しみを減らすために一生を捧げたパスツールは、自分の研究について常に論争を繰り広げていた。その際の彼は舌鋒鋭く、ハナから喧嘩腰の凄まじさだった。しかし、彼の論争は、必ずしも学問的な意見の不一致からのみ起きたとはいい切れず、かなり公私混同している部分が多いという。たとえば、彼が繰り広げた数多くの論争のなかでも、かなり激しかったものの一つに、ロベルト・コッホとの論争がある。きっかけは炭疽病予防接種をめぐってのものだったが、その実は、科学とは何の関係もない単なる喧嘩。コッホが一八七一年にフランスを破ったプロイセン軍に従軍していたために、ドイツ嫌いで愛国心の強いパスツールが激しく突っかかったのである。晩年にも、狂犬病コレラの研究の協力をしてくれたエミール・ルーという人物と大論争を繰り広げたが、このきっかけも単なる個人的ないい合いからだった。近代医学の建設者とまでいわれた偉大なる科学者は、かなり血の気の多い人物だったようである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820701

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト