MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

パスタ
【ぱすた】

穴あきタイプのマカロニが生まれたのは、砂漠の民の知恵のおかげ

パスタというと、スパゲティを思い浮かべてしまうが、スパゲティは、数あるパスタの一つでしかない。パスタという言葉はイタリアでは「練り物」という意味なので、蝶の形をしたパスタ、穴あきのマカロニペンネなど、それら全部がパスタというわけだ。マカロニといえば穴が開いているものだが、どうして穴が開いているのだろう。わざわざ穴を開けているからには、何か理由があるはずだ。その理由のもとは、なんとアラビア。そもそもパスタらしきもののルーツは、砂漠を旅していたアラビアの商人たちにある。旅に携行する小麦粉に虫がついたりしては困るので、まず水で小麦粉を練り、それを乾燥させる方法を思いついた。そうすると、かびることもなければ、虫にも強く、常温で保存ができるので、まことに都合がいいのだ。そこで、乾燥させる方法にも工夫がこらされた。それが穴の開いたパスタである。棒状より筒状のほうが風の通りがよくなって乾燥させやすいというわけだ。マカロニといえば日本では長さが五?六センチくらいのものがほとんどだが、本場イタリアでは、七?八センチのものと、二五センチもある長い穴あきのマカロニがある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820700

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト