MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > 由来

のろま
【のろま】

語源にもなった「野呂松勘兵衛」とは、いったいどんな人か?

江戸時代中頃、江戸の堺町で興行していた人形浄瑠璃一座のなかに、野呂松勘兵衛という人形の使い手がいた。野呂松勘兵衛の扱う人形は、頭が平たく、色が黒かった。さらに、身なりがみすぼらしい上にとても鈍重な役であるところが、その扱いが上手だったので、野呂松勘兵衛と人形はたちまち江戸中の評判になった。しまいには、動作が鈍重な人を「あいつは、のろまつだ」といったりする流行語まで生まれたのである。これが「のろま」の語源で、つまり、「のろま」は「のろまつ」を略した言葉なのだ。近世初頭、諸芸能の興行の間には、必ず狂言がはさまれた。それは、歌謡や軽業、からくり、少年の歌舞など多彩であった。なかでも歌舞伎の座の道化方による物まね芸が好まれた。浄瑠璃操座ざでは、それら著名道化方の顔を模した人形までつくられ、滑稽な寸劇を演じた。野呂松勘兵衛が創始した人形は、江戸で最も著名といわれているが、ほかにも、のろま治兵衛、のろま九兵衛などの遣い手もいた。上方では、そろま七郎兵衛による「そろま人形」が代表的なものとして知られている。興行にはさまれる狂言は、歌舞伎人形浄瑠璃の脚本家、近松門左衛門の『国性爺合戦』あたりから消えていくが、現在でも古浄瑠璃系の操座では、道化人形の名残がある。なかでも、佐藤広栄座の狂言人形(一般に「のろま人形」と呼ばれる)が有名である。このほか、宮崎県の山之口町麓、鹿児島県薩摩川内市東郷町斧淵の文弥人形座においても、道化人形は上演されている。現代においても、「あいつのろまなやつだ」とか「のろのろするな」といったりする。道化人形からその言葉がきたのは少々驚きである。確かに、動きが遅い人は操り人形のように見えなくもないが……。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820686

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト