MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

ハイエナ
【はいえな】

ホルモンの影響で、メスもオス的なブチハイエナ

ハイエナは腐肉をあさるいやらしい動物だと一般に思われている。実際、中型のカッショクハイエナやシマハイエナは、狩りをするより腐肉をあさることのほうが多いが、ブチハイエナの食物は、(腐肉も確かに含まれるものの)大半が自分たちで捕えたものであり、逆にライオン横取りされる場合もある。ブチハイエナは、赤道付近の熱帯雨林を除いたサハラ砂漠以南のアフリカに広く分布し、灰色の体にこげ茶色が混じり、黒い斑点があるのが特徴だ。頭胴長一二〇?一八〇センチ、体重五五?八五キロと、ハイエナ科では最も大型の種である哺乳類としては珍しく、メスはオスより平均して一回り大きい。ブチハイエナの最も大きな特徴は、ホルモンバランスの特異性である。胎児の間、雄性ホルモン、とくにテストステロンにさらされるために、メスも雄性的な外性器を持って生まれてくる。オスばかりでなく、メスにもペニスに似た大きなクリトリスと、丸みを帯びた睾丸のような、一つにつながって突出した陰唇が備わっている。このため、ハイエナは両性具有であるか、あるいは、しばしばその性を転換すると考えられていた。かのヘミングウェイも、猛獣狩りは得意だったが、観察は苦手だったらしく、ハイエナは両性動物だという通説をそのまま体験記に書いている。メスはオスより体が大きいこともあって、オスに対して支配的であり、暴君のようにふるまう。しかし、子どもを産むというメスの役割は確実にこなすという。クリトリス小さな開口部によって交尾し、やはりペニスのようなその器官を通して子どもを産むが、雌性ホルモンエストロゲンタイミングよく増加して皮膚が伸びるため、それほど痛くはないらしい。なお、テストステロンの影響と発達した攻撃器官という組み合わせは、しばしばおそろしい結果を生み出す。一般にハイエナは二頭ずつ生まれるが、二頭がそろっている時間はごくわずかだ。たいていは数時間以内に、片方がもう一方を殺してしまうのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820688

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト