MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

ハイドン①
【はいどん】

妻に早く死んでほしい……とまで考えた浮気者の大音楽家

ハイドンは、一八世紀なかばから一九世紀はじめにかけてオーストリアで活躍し、古典派音楽の基礎をつくった音楽家である。ハイドンのつくり上げた古典派様式は、後にモーツァルトやベートーベンによって発展を遂げた。一〇〇曲をこえる交響曲を作曲し、「交響曲の父」とも呼ばれている。ハイドンにはマリア・アンナという四歳年上の妻がいたが、どうやらハイドンは妻を結婚当初からあまり愛していなかったようだ。そもそもハイドンはマリアの妹が好きだったのだが、彼女が修道院に入ってしまったために、姉と結婚したのであった。そんなハイドンが本気で恋に落ちたのが四七歳のときだった。相手は二〇歳の歌手ルイジア・ポルツェリ。彼女にはバイオリニストの夫がいたのだが、二人はたちまち道ならぬ恋に落ちてしまった。彼女は少なくとも一人、あるいはもっとたくさんのハイドンの子どもを産んだのではないかといわれている。それからというもの、二人で互いの配偶者が早く死んでくれないかと願う有様。彼女の夫はハイドンが六〇歳のときにやっと(!?)死亡するのだが、そのときハイドンは、「あなたの気の毒なご亭主の今度のことは、神様があなたから厄介な重荷を解放してくださったのです。……まもなくあの四つの目が閉じる日が来ることでしょう。二つは閉じました」といった手紙を彼女に送っているのである。しかし、残りの二つの目であるハイドンの妻は病弱ながら、その後七年間も生き続け、ハイドンの願いは叶わなかった。その間に二人の愛は終わりを告げてしまっていたからである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820690

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト