MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人体

のどごし
【のどごし】

「のどごし」と「キレ」とは?

ビールの宣伝文句でよく耳にするのどごし」。のどごしがどういうものかは経験からわかっていても、いざ言葉で説明しようとすると難しい。あえて説明するとすれば、のどごしとは、食べ物飲み物がのどを通っていくときの感覚のことだ。ところが、その感覚を説明するのがやはり難しい。それもそのはずで、その感覚は非常に複雑なものなのだそうだ。触覚、味覚など、人には様々な感覚があるが、なかでも炭酸が与える感覚は、のどごしに強い影響をおよぼす。というのも、ビールや炭酸飲料などの炭酸で強く刺激される、のどにしかない神経があるのだという。その神経が刺激され、脳に信号が送られることで、のどごしの感覚を味わうことができるという。この感覚は、渇きが癒されることによる清涼感や爽快感といった快感でもあるそうで、暑い夏に炭酸の効いた冷えたビールがおいしく感じられるのも納得できる。ビールの宣伝文句で、のどごし同じくらい多用される言葉に「キレ」がある。これも説明のしにくい言葉だが、後味があまり残らずすっきりとした味わいのものほどキレがあると表現されることが多いようだビールの場合は炭酸の刺激感、つまり、のどごしを含めてキレととらえる人もいるという。このキレを考える場合、甘口よりも辛口のもののほうがキレがいいということになるだろう。もともとは日本酒で使われていた表現で、糖度が高く味の濃いものを甘口、糖度が低くすっきりとした味わいものを辛口と呼ぶ。ビールでも、このイメージがそのまま使われ、すっきりと飲みやすいキレのあるビールが辛口ビールとされている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820684

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト