MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

ニュートン
【にゅーとん】

ケインズ曰く、彼は「最後の魔術師」

イギリス自然科学者であり数学者で、万有引力の法則を発見し、近代の大科学者の一人と評されているニュートン。彼は、ときに錬金術師といわれることもあった。ニュートンの八〇年を超える生涯を調べてみると、前半と後半で奇妙な対照が見られるニュートンは、生まれる三カ月前に父親が死去し、母親も新しい夫となる人のもとへと嫁いだため、祖母に育てられた。幼少時は体も小さく、内向的な目立たない子で、格好のいじめの的であったという。しかし、あるとき、いじめた少年と喧けん嘩かをして勝ったことで自信をつけ、勉強においても才能を伸ばしていったという。一六六一年、ケンブリッジトリニティーカレッジに入学したニュートンは、デカルト、ガリレオ、コペルニクス、ケプラーといった、当時の最先端をいく物理学者たちによるアイデア好んで学んだ。そして、一六六五年に二項定理を発見して数学の理論の構築をはじめ、微分を発見し、後に微分積分学へと発展することになった。同年に学位を取得するが、その後ペストの流行で大学が一時閉鎖されたために故郷に帰ることになる。リンゴの木の下に座っていたニュートンが、リンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則を思いついた、という有名な逸話はこのときのことである。ただ、この話は、ニュートンの家の窓からリンゴの木が見えることからつくられたつくり話であるようだ。一六六七年、ニュートンはケンブリッジ大学の教授となるが、できるだけ人との交際を避け、研究室に閉じこもり、孤独な研究者としての生活を送っていたという。しかし、晩年のニュートンはケンブリッジ教授の職を投げ出し、造幣局の幹事や政治家を歴任。神学や錬金術にも強い関心を持っていたらしい。しかも手稿や蔵書目録を見ると、余技としてではなく、錬金術、神学、キリスト教的年代学は、力学や光学に劣らない学問の本質的部分を示していたことがわかっている。「トリニティー」(三位一体)を名乗るカレッジで、異端児といわれる立場になる。この秘密を隠すために、ニュートンは孤独な研究者を装っていたのかもしれない。同じケンブリッジ大学出身の経済学者ケインズの言葉によれば、ニュートンは「最後の魔術師」ともいうべき存在であった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820667

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト