MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

電話帳
【でんわちょう】

「河合」と「川井」など、読みが同じときはどっちが先?

タウンページなど電話帳の掲載順は読み方五十音である。文字の種類別では、アルファベット、ギリシア文字、カタカナ、ひらがな、算用数字ローマ数字、漢字の順に載せている。たとえば「ごとう」さんの場合、GOTO→ゴトウ→ごとう→後藤という順になる。では、「河合」「川井」のように、読みが同じで漢字が異なる場合は、どういう順になるのだろう。これは、字画数の少ない順に掲載するのが原則だという。だから、「川井」→「河合」の順になるというわけだ。では、漢字も読みも同じという場合はどうなるかというと、こちらは電話番号の若番順に載せているという。ところで、この原則で記載されるようになったのは最近のことで、実は一九九五(平成七)からである。それ以前は、視覚的に使いやすい電話帳をという観点から、長年の慣例で独特の漢字ごとの五十音順で整理していたのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820593

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト