MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > 初めて・始まり

電話②
【でんわ】

世界初の電話加入者

世界で初めて電話で話したのは、もちろん発明者のグラハム・ベルだ。実験中に希硫酸をこぼしてしまい、「早く来てくれ、ワトソン君」と階下にいた助手を呼んだのが第一声とされている。一八七六年三月一〇日のことといわれている。では、開業した電話で初めて話をしたのは誰だったのだろう。一般家庭にとりつけられた電話の第一号は、アメリカのマサチューセッツ州ボストンのコートストリート一〇九番地に住むチャールズ・ウィリアムズという人物の事務所で、サマービルにある自宅との二カ所に設置したのがはじまりという。一八七七年四月四日、世界最初の一般家庭の電話の会話は、自宅と事務所をつないだ回線でおこなわれたのである。実はこのウィリアムズという人物は、グラハム・ベルが開発したボックス型の電話機を製造しはじめた商売人だった。当然、まず自分が使ってみることで電話機を世に広めようとしたのだろう。その甲斐あってか、電話開設のわずか三カ月後には、ボストンの加入者数が八〇〇件にもなっていたという。その利便性はまたたく間に知れわたり、電話文化はアメリカ国内、そして海外へと普及していくことになった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820592

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト