MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

注射針
【ちゅうしゃばり】

棒に穴をあけるのではなく、金属板を丸める

あの細い注射針の穴は、どうやってあけているのだろうか。実は、細い棒に穴をあけるわけではない。板状のステンレスを丸め、端と端を溶接して筒をつくっているのだ。その筒を細くしていって仕上げるのだが、その工程で欠かせないのがダイヤモンドダイスというドーナツ型の精密工具。いろいろなサイズダイヤモンドダイスに、丸めたステンレスの筒を通して、少しずつ細くしていくのだ。通常の注射針サイズは、一八ゲージ(直径一・二五ミリ)から二六ゲージ(直径〇・四ミリ)である。しかし、最初の筒の太さの直径は四ミリほどだという。そこから細く加工していくのだが、いきなり細い穴には通せないので、サイズ異なるダイヤモンドダイスを三〇から五〇回もの回数を通しながら徐々に細くするのだ。こうしてつくられた注射針のうち、一八・一九ゲージは輸血用、二一?二五ゲージは静脈用・皮下用、二六ゲージツベルクリン用となどとして使われている。二一?二五ゲージの針は、太さだけでなく、刃の長さ(針先を斜めにカットする角度)によっても使い分けられている。静脈用は、その用途から血管を突き抜けてしまうことのないように刃長面が短い。皮下用は刃長面が長いので、よりとがっている形になる。そのため、静脈用に比べると痛くないといわれている。そういえば、点滴を打つときなどにさされる針が妙に痛く感じることがあるが、あれは針の太さというより、切断面の違いで痛みを感じているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820556

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト