MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 野菜・フルーツ

種なしブドウ
【たねなしぶどう】

種がないのに、いったいどうやって増えるのか?

種なしブドウの元祖といえば、「デラウェア」である。このデラウェアはいったいどうやって繁殖するのだろう。実は、種なしブドウは「ジベレリン処理」という方法でつくられている。このジベレリンという薬は、植物自身が本来持っている成長ホルモンの一種で、植物成長調整剤といわれ、農薬としても使われているものである。通常は、めしべの柱頭に花粉が受粉すると受精が起こり、花の一部が肥大して種子の入った果実をつくるが、デラウェアの場合、普通にデラウェアの種をまいて育て、開花する前に、コップにジベレリンを入れて花穂を浸す処理をする。すると、種なしの果実ができるのだ。種がなくなるのはその処理のおかげであって、決してはじめから種のない品種ではないのである。ジベレリンは植物自体の成長を早める効果があるが、果実の成長は抑えてしまう。これが種なしデラウェアのできる理由で、種ができるほど大きい実をつけずに、ただ成長は早くなるので通常のブドウよりも早い時期に市場に出荷できるというわけだ。ちなみに、ミカンの場合は、種なしブドウと同じ操作をして種なしにしたものと、突然変異生まれた種なしのミカンを挿し木して増やしたものとがある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820529

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト