MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

たこやき
【たこやき】

地球から約四億キロの彼方に「たこやき」がある!?

地球から約四億キロの彼方のおうし座のなかに「たこやき」という小惑星が存在する。一八等星なので、望遠鏡で見るのも難しいほどの暗い星だ。「たこやき」は、一九九一(平成三)年一一月、北海道に住む箭内政之氏と札幌の渡辺和郎氏によって発見された。新しい小惑星が発見された場合、発見者に命名する権利が与えられるそこで二人は、子どもたちが宇宙に興味を持つようにと、大阪で開催された「宇宙ふれあい塾二〇〇一」の会場で、事前に公募した名前の候補のなかから、子どもたちの拍手がいちばん多かったものを提案することにした。五つの候補のうち、最も大阪の子どもたちの支持を集めたのが「たこやき」だったというわけだ。大阪の子どもたちの意見を尊重した二人は、アメリカのスミソニアン天文台にある国際天文学連合(IAU)の小惑星センターに「たこやき」の名を提案し、小惑星命名委員会の承認を得て、晴れて小惑星は「たこやき」と命名されたという次第。ちなみに、命名提案においては、その名前の由来を英語で説明しなければならない。名前が決定されると、天文台広報冊子(MPC)に掲載され、各国の天文台に配られる。二〇〇五(平成一七)年一〇月までに、人類が発見した小惑星は約三〇万個にのぼる。はじめの頃はギリシアやローマ神話に由来する名をつけていたが、数が足りなくなり、そのほかの神話の神の名も動員したが、それでも足りず、いまでは自由に名前をつけることができる(多少の目安はある)ようになった。たとえば、「平清盛」「チャップリン」「やくしまる(薬師丸ひろ子)」「しゅんすけ(サッカー選手の中村俊輔)」といった有名人の名や「しじみ(貝)」といったものまである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820526

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト