MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 乗り物

消防車
【しょうぼうしゃ】

火事を消すための水の料金は誰が払うの?

火事の消火にかかせないものといえば消防車だが、この消防車が消火のために使う水は、上水道消火栓、防火水槽、プールなどの人工水利と、河川、池、湖、沼、海などの自然水利がある。都市の場合、ほとんどは人工水利、なかでも上水道消火栓を利用するが、その消火栓から使う大量の水の料金は、いったい誰が払っているのだろうか。水道法第二四条では、「水道事業者は当該水道に公共の消防のための消火栓を設置しなければならない」と定められているほか、「水道事業者は、公共の消防用として使用された水の料金を徴収することができない」と定められている。したがって、公共の消防用として使われた場合は、水道料金はかからないということになる。というより、水道事業者が負担することとなるともいえる。ちなみに東京の場合、地方公営企業法第一七条の二といった別の法令の定めによって、その水道料金は東京消防庁が水道局に払っているそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820422

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト