MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

消防署
【しょうぼうしょ】

かつて、火事といえば「一一二番」だった!

火事を見つけたら「一一九番」をダイヤルするのが常識だが、かつては「一一二番」だった。ダイヤルするだけで、直接相手の電話口につながる自動交換がはじまったのは一九二六(大正一五)年のことであるが、このとき、火事をいち早く通報する目的で、火事通報専用のダイヤルが設けられた。このときの専用番号が「一一二番」だったのである。というのも、当時の電話はダイヤル式で、数の多い数字だと、それだけ長く時間がかかる。そこで、いちばん短い時間でダイヤルできる「一一二番」が採用されたのだ。ところが、火事で気が動転してしまった通報者が、慌てるあまり「一一二番」なのに、「一一三番」を間違ってダイヤルするケースが頻発してしまったのだ。そこで、「一一」の後の番号をダイヤルの最後の数である「九」に変え、一九二七(昭和二)年から火事通報の専用ダイヤルは「一一九番」となった。ちなみに、警察への通報専用ダイヤルが「一一〇番」なのも同じ理由である。今の電話はプッシュ式がほとんどなので、とくに「一一九番」、「一一〇番」でなくてはならない特別な理由はないのだが、広く皆に知られており、とりたてた不都合もないので、そのまま採用されている。むしろいまでは、携帯電話からの通報が多く、「火事になっている」と通報者が移動しながら通報してくるために、火災現場の所在地がすぐに確定できないことのほうが問題になっているようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820423

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト