MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

聖徳太子
【しょうとくたいし】

あの肖像画はニセ者!?

旧一万円札でおなじみの聖徳太子の肖像は、『唐本御影(聖徳太子及び二王子像)』という古い肖像画がもとになっている。最近までは教科書にも掲載されていたので、知らない人は少ないだろう。しかしこの肖像画は、『日本書紀』のなかで登場する実在の「厩戸皇子(厩戸豊聡耳皇子などとも)」とは無関係である可能性が高いといわれているようだ。この説が話題になったのは、一九八二(昭和五七)年、当時東京大学史料編纂所長であった今枝愛真氏が、『唐本御影』に描かれた人物が身につけている服や冠は、ずっと後の時代のもので、手に持っている笏しゃくも当時は存在していなかったはずであるという小文を発表したことによる。その後、様々な意見が出され、ニセ者の可能性は高いとされているのだが、本当は誰を描いているのかは、いまだ定かではない。また、もともと「聖徳太子」という名前は、後世につけられた尊称であり、奈良時代の七五一(天平勝宝三)年に成立した『懐風藻』や一三世紀の『聖徳太子伝私記』に登場するため、一般的な呼称の基準として歴史の教科書においては長く使われてきたが、実はその聖徳太子が『日本書紀』に登場する「厩戸皇子」と同一人物どうかにも疑問を呈する研究者もいる。さらに、その人物が太子(皇太子)どまりであったかどうかを疑問視する説や、単一の皇位継承制がすでにその当時存在していたかどうか疑わしいという説、本当は聖徳太子などいなかったという説まであり、そのようななかで、確かにあの肖像画が「聖徳太子」だと確定することは難しいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820420

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト