MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > 由来

狛犬
【こまいぬ】

「狛犬」は、イヌではない?

神社の社殿に一対になって向かい合わせに置かれている狛犬。「こまいぬ」という名前なんだから、当然、神社を護る「犬」と思うところだろうところがこの狛犬、「犬」なのにイヌではない。必ず対になっているこの獣は、片方は口を開いていて、もう片方は口を閉じているが、これは「阿」と「吽」をあらわしている。呼吸がぴったり合うことを「阿吽の呼吸」というが、その阿吽である。この阿吽はサンスクリット語(梵語)で、阿は口を開いて発生する最初の字音で、吽は口を閉じて発生する最後の字音。サンスクリット語のアイウエオの最初の文字と終わりの文字である。なので、阿吽というと、物事のはじまりと終わりをあらわすのである。神社の狛犬にはその意味があるのだ。狛犬のモデルはイヌではなく、中国で「ジ」と呼ばれていた動物で、正体ははっきりしない。一説によれば、水牛に似た一角獣で、皮は硬く、鎧の材料になるほどで、角は酒盃に用いたという。この動物が、古代の朝鮮である高麗から日本に伝わって、日本ではこれを「高麗の犬」としたので狛犬といわれるようになったようだが、朝鮮には狛犬の文化はないから、もともと狛犬という獣だったという説もある。場所によっては、この狛犬が獅子のような形をしていることがある。これは、獅子と狛犬が混同されるようになって、平安時代などに、一方は獅子で一方は狛犬で向かい合わせになっている場合が多かったからだといわれる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820324

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト