MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

子持ち昆布
【こもちこんぶ】

子持ち昆布のツブツブは何?

おせち料理で、数の子同様欠かせない一品となっているのが、子持ち昆布である。ご存知の通り、「子だくさん」「家族繁栄」の意味を持ち、縁起のよい食べ物として知られている。その子持ち昆布びっしりとくっついているツブツブは、昆布の「子ども」なのだろうか。海藻は卵を産むのだろうか。そんなはずはない。実は子持ち昆布の子とは、ニシンの卵である。ニシンが昆布にびっしり数の子を産みつけ、それが子持ち昆布になるのである。本来、魚の卵には、水面に浮いて漂う「浮性卵」、海底に沈んでゆく「沈性卵」、粘って海藻などに付着する「粘性卵」の三種類があるが、ニシンの卵は粘性卵で、海中で昆布やホンダワラに付着し、孵化するまでの時間を過ごす。いわば昆布はニシンを育てる重要な役割を果たしているのである。したがって、ある意味、昆布はニシンの子どもたちの立派な親といえる。かつて北海道ではニシンが大漁に獲れ、北前船によって昆布、ニシンが関西地区に運ばれていった。しかし、昭和中期になってから、ニシンの漁獲高が激減し、この子持ち昆布も生産されることがなくなっていった。現在は、産卵のため押し寄せてきたニシンを生いけ簀すに追い込み、そこに昆布をたらしてニシンの卵を付着させたものが多く販売されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820326

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト