MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! >


【こよみ】

「一日」と書いて「ついたち」と読むのはなぜ?

日本語は本当に難しい言葉である。「一日」と書くのに「いちにち」ではなくて「ついたち」という。子どもに教えるのにも、なぜ「一日」の場合は「ついたち」で、「一日中」などというときは「いちにち(じゅう)」と読むのか、大人でも説明しづらい。どうやらその理由は、暦は暦でも、太陽暦ではなく、太陰暦のほうにあるらしい。地球から見て月と太陽が同じ方向になるときを「朔」というが、太陰暦では、この「朔」を含む日を「朔日」、つまり月のはじめの日とした。この「朔」の後に初めて見える月を「新月」というが、この新月の日を「月が立つ」日という意味で、一日としたのだ。すなわち、「一日」の語源は、この「月立ち」である。地球が太陽の周りを回る周期を基準にした太陽暦に対して、月の満ち欠けを基準とする太陰暦では、新月を月はじめとするのである。その考え方が、現代の私たちが使っている太陽暦にも影響を与えて、読み方として残っているわけだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820328

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト