MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

ゴルフ
【ごるふ】

一ラウンド=一八ホールとウイスキーの深い関係

ゴルフの一ラウンドは一八ホールというのは当たり前と思っているが、一〇でもないし二〇でもない、とくに切りのいい数字ではないのはなぜだろうか。一ラウンドが一八ホールというのは、いまから一五〇年ほど前の一八五八年、全英オープンなどで知られるゴルフクラブ総本山「R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ・オブ・セント・アンドリュース)」の会議で決定した。その理由が、ウイスキーを飲むことにこだわった長老の意見で決まったというから驚きだ。会議では、ホール数がなかなか決まらず、意見が分かれて結論が出そうにもなかった。そこである長老の会員が、いきなりこう切り出したという。「ホールを回るときには、気付け薬がわりにウイスキーを飲む。私は一ホールごとにウイスキーグラス一杯飲むことにしている。グラス一杯のウイスキーを一八杯飲むと、ウイスキーボトルが空になるから、一八ホールがちょうどいいだろう」。この意見に、ほかのクラブ会員たちが押し切られたのだという。こんな変わった理由がまかり通ってしまっただから、よほどの名案だったのだろう。しかし、ゴルフラウンドの間にボトル一本は多すぎるし、紳士のスポーツには似つかわしくないと日本人の私たちは思うかもしれないが、ゴルフ発祥の地スコットランドはスコッチウイスキーで有名な地方である。しかも風の強いスコットランドでは、体を温めるためにウイスキーを飲みながらプレーするのは、ごく当然のことだったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820330


【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  源氏名  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト