MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

コブ
【こぶ】

タンコブの中身は?

子どもが転んだときなどに、案外簡単にプクッと膨れてしまうタンコブ。このタンコブにもいろいろな違いがあって、青ずんでいたり、どす黒くなったり、肌色のままだったりする。いったい、タンコブの中身は何だろう。まずは、肌色のままのタンコブの中身だが、意外にプクッと膨れるが、赤くもない場合の正体は、リンパ液や血清成分。その部分をぶつけたことによって、血管や皮下が傷ついたものの赤血球がにじみ出てしまうほどの損傷ではなく、成分の細かいリンパ液や血清だけが皮下に溜まってしまった場合だ。赤紫になっている場合は、その中身は血液が固まった血腫。血液は凝固作用があるので、いったんその形で固まってしまい、煮こごりのような状態になり、約二週間くらいで徐々に体内に吸収される。ほとんどの場合は、放っておけば自然に吸収されるのだが、血腫のまわりに被膜ができて完全に吸収されずに残ってしまう場合や、縮まない場合もあるので、様子を見てあまり小さくならないようだったら、病院に行って内部の血を吸い出してもらうことになる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820323

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト