MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

甲子園②
【こうしえん】

昭和のはじめに、スキーのジャンプ大会の会場にもなっていた!

甲子園球場で野球以外のスポーツ大会がおこなわれたことがある。甲子園開催としてかなり意外なスポーツである。それは、スキージャンプ競技で、一九三八(昭和一三)年一月九日のことだった。大阪毎日新聞社主催の「第一回全日本スキージャンプ甲子園大会」であるジャンプ台は、外野席からバックネットに向かって飛ぶように設置された。全長一四〇メートル、高さ三〇メートル、傾斜は三七度だった。雪はというと、この頃は人口降雪機があるわけではないので、自然雪をはるばる新潟県の信越本線田口駅(現・妙高高原駅)から運んできた。参加選手は二八名。観衆は四万人にもなり、大成功を収めた。優勝したのは、小樽中学出身の木村隆一選手。最長不倒距離は二七メートルだった。しかし、最長不倒距離が二七メートルとは、いくら昔とはいえ短すぎないだろうか。それもそのはずで、甲子園に無理やり設置したジャンプ台では規模が小さく、長い距離を飛ぶのは困難だったようだ。また、主力選手が、同じ日に北海道で開かれていた「第三回大倉シャンツェ建設記念大会」に出場していたこともある。こちらの参加選手は六〇余名。優勝したのは、安達五郎選手。最長不倒距離は七〇メートルにもおよぶ。いくら甲子園が広いとはいえ、それはあくまで球場としての話。スキージャンプをするには狭すぎるわけで、優勝した木村選手が二七メートルしか飛べないのは無理もない。なお、「第一回全日本スキージャンプ甲子園大会」と銘打ったこの大会だが、第二回大会がおこなわれた形跡はない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820297

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト