MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 男と女

キス
【きす】

ルーツはなんとお互いに嗅ぎあう行為だった!

欧米では親愛の情をあらわす挨拶の一つであるキス。日本人にとっては、友人だからといってキスをするのは抵抗があるものだが、恋人同士なのにキスをしないという人はいないだろう。そういう意味では、シャイ日本人にとっても、キスは愛情表現の一つとして定着している。このキス、とてもロマンティックな行為に思えるが、そのルーツをたどると、少し奇妙である。そのはじまりは、相手の匂いを嗅ぎあうことだったのだ。少しリアルに想像すると、イヌやネコが互いにクンクンと相手の匂いを嗅ぎあっている、あの行為とそれほど違わないわけであるどうしてこうも動物は、匂いに対して執着するかというと、異性の魅力の大きな部分を匂いが占めているからという。心理学者のネッケによると、匂いを嗅ぐことが性感帯を刺激することにもなったという。だから人間同士の間でも、相手の匂いを嗅ぐことがはやったようだ互いに鼻と鼻を合わせたり、相手の身体の匂いを嗅ぐことを嗅覚接吻という。昔ほどではないにしても、いまでも気づかぬうちに、相手の匂いに幻惑されている部分は、意外と多いのかもしれない。さて、日本人が、いつからキスをはじめたのかは定かではないが、江戸時代のオランダ人による日本研究書に、「日本にはキスの習慣がない」と書かれているから、江戸時代まではキスは定番の行為ではなかったようだ。ちなみに、キスを「接吻」と訳したのは、江戸時代のオランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフ(オランダ語辞典『和蘭字彙』の編者)で、一方、キスを「口づけ」としたのは、詩集『海潮音』の訳者、上田敏だとされている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820212

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト