MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 社会

議員バッジ
【ぎいんばっじ】

国会議員がつけている金バッジは、純金製ではない!

国会議員の先生方が、襟元にキラッと輝かせている議員バッジ。その美しい輝きと国会議員に当選することで得る権力の象徴としてか、その別名は「金バッジ」ともいわれる代物だ。庶民としては、当然、純金製の高級品なのだろうと思うところだが、実はそのバッジ、衆・参両院とも、純金製ではない。衆議院議員では金メッキしたもの、参議院議員は銀の地金に金張りのものを使用しているという。そもそも国会議員バッジは一種類ではなく、四種類ある。それぞれお値段はどれくらいなのだろうか、気になるところだ。衆議院タックピン型が一万五〇〇円、水雷型が一万円、参議院タックピン型が一万二九一五円、水雷型が一万三四四〇円(二〇〇〇年、税込)というのが実際の値段だが、実は国会議員は支払っていない。当選議員には全員に無料で配布されるからだ。値段が付いているのは、議員が落としたり失くしたりした場合、実費になるため、再発行するときの参考価格になる。バッジがつくられたのは、一八九〇(明治二三)年の第一回帝国議会の際で、何回か改訂されて現在のバッジになった。それ以来、現在まで国会での身分証明に使用され、バッジのないものは議院に出入りすることができない。別に権力の誇示のためだけにつけているのではなく、入館のパスになっているというわけなのだ。たとえば衆議院では、一九七八(昭和五三)年に当時の福田赳夫首相がバッジを忘れて登院した際、護衛に出入りをとめれたという史実がある。そのときは、近くにいた議員にバッジを借りて議院に入ったという。また、議員だけでなく、国会は出入りする議員秘書、新聞記者、政府委員、国会内にある店の店員までもすべてバッジをつけることになっている。また、議員以外の対象者はバッジ以外に、帯用証(身分証明書)がなければ入館できない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820209

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  麻薬犬  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト