MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

カトリーヌ・ド・メディシス
【かとりーぬどめでぃしす】

大虐殺を引き起こした王妃が持ち込んだフランスを仰天させたデザート?

一六世紀のフランス王妃、カトリーヌ・ド・メディシスは、宗教戦争の産物である「聖バルテルミーの虐殺」を引き起こしたことで知られている。一五七二年八月二四日の早朝からおこなわれた、この歴史に残る残虐な事件は翌日も続き、最終的には数万人ともいわれるユグノー(新教徒)が兵士や旧教徒(カトリック教徒)らによって命を落とした。彼女はなぜ、このような大虐殺を起こしたのか? それはユグノーのコリニー提督が、カトリーヌの息子シャルル九世をそそのかして、自分の側に引き込もうとしたので激怒したのが発端とされる。彼女はコリニー提督の暗殺を計画。これが失敗に終わり、一気に殺戮を断行したというのだ。それに加え「カトリーヌは魔術の世界に取り憑かれていた」と見る研究者も多い。一四歳でイタリア、フィレンツェの富豪であるメディチ家からアンリ二世のもとへ嫁いだが、夫はカトリーヌより二〇歳も年上の愛人ディアンヌ・ド・ポアチエに夢中で、少しもかまってもらえなかった。その心の空白を埋めるためか、彼女は宮殿に多くの錬金術師や占い師を出入りさせていたという。かの有名な予言者ノストラダムスもその一人だった。ノストラダムスの予言通り、夫アンリは騎馬試合で非業の死をとげている。アンリ二世の死後、後を継いだ長男のフランソワ二世が一年後に急逝すると、わずか一〇歳で即位した次男シャルル九世の摂政として政治の表舞台に躍り出たのであるそんなカトリーヌだったが、実はフランス王家に嫁いだときに、大勢の料理人や菓子職人らを連れてきている。新婚当時、カトリーヌはまだ幼かったが、すでにグルメとして一人前になっていたとも伝わる。彼女が持ってきたもののなかで、とくにフランス中を仰天させたものがある。それがシャーベットだった。それまで、フランス人はシャーベットなど見たことも聞いたこともない。冷蔵庫フリーザーもなかった時代なので、当然といえば当然なのだが、ではカトリーヌはシャーベットをどうやってつくらせたのだろうか?実は、メディチ家の屋敷の地下には氷室があり、北欧から運ばれてきた貴重な氷が常に貯蔵されていたのであるそれによって、春夏秋冬問わず、いつでもシャーベットを楽しめたというわけだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820175

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト