MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 芸術

葛飾北斎②
【かつしかほくさい】

自分も娘も画号は語呂あわせ。駄洒落が大好きな浮世絵師

数々の傑作を残した葛飾北斎は、自ら「画狂人」と名乗る変わり者だった。まず、引っ越しの回数が半端ではない。自分の家を持とうとせず、生涯において九十数回も引っ越したという。たびたび火災に遭ったり、部屋が汚れてくると、家財道具もほとんど持たず、筆一本で長屋を転々としたようだそんな貧乏暮らしなので、版元に借金をすることも多かったようだ。名古屋の版元・永楽屋に二両二分の借金を頼む手紙が現存しているが、それがおもしろい。役人が自分の画号を「へくさゐ」と勘違いして書いているという設定で、「ちょっとへくさゐを呼んで来いよ」「尻クサイ」という駄洒落にした。このユーモラスな手紙で彼は無事金を借り入れたらしい。そのほか遊び精神たっぷりの挿し絵入りの借用書も残されている。五番目の妻が死に、三女のお栄が離婚して戻ってきてからは、お栄と二人暮らしだったが、彼女も父と同じく天才絵師で、しかも駄洒落好きだったようだ。お栄の画号は「応為」というが、これは北斎が彼女のことを「おーい、おーい」と呼んでいたのを画号にしたのだといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820171

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト