MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

かっぱ橋
【かっぱばし】

料理人の聖地「かっぱ橋道具街」そもそもの地名の由来は?

東京都台東区、西浅草と松が谷二丁目から三丁目付近の地区はかっぱ橋と呼ばれ、かっぱ通りを中心として、食器類、厨房用品、食品サンプルなどの専門店が数多く並んでいる。いわば料理人の聖地といった感があるが、なぜ「かっぱ橋」などというユニークな名で呼ばれているのだろうか。一説には、ここに住んでいた武士の内職と深い関わりがあるとされている。昔、金竜小学校あたりには、伊予新谷城主の下屋敷があった。そこで働く下級武士や足軽たちは、あまり裕福ではなく、雨あま合がっ羽ぱをつくる内職に励んでいた。天気のよい日には、彼らが内職でつくっていた雨合羽が、橋にズラリと並んでいたため、雨合羽が干されている橋ということで、いつしか「かっぱ橋」と呼ばれるようになったという。ここの武士の内職が雨合羽をつくることだったのは、この地域が低地で水はけが悪く、いつも雨に悩まされていたことが大きな理由といえる。このような環境からか、もう一つかっぱ橋の由来とされる伝説もある。水はけが悪く苦労していたため、合羽川太郎という人が、私財をなげうって水はけをよくするための掘削工事に着手した。しかし、工事は思うように進まなかった。その状況を見ていた河童が、川太郎のおこないに心を打たれて工事を手伝い、見事完成させた。そこから、河童の名をとり、「かっぱ橋」と呼ばれるようになったという。かっぱ橋地域が、厨房用品や食器などの専門街として発展しはじめたのは明治以降のこと。浅草の繁華街の西側という立地から、商人が集まりはじめて小道具の店が多く並ぶようになり、いまのような「かっぱ橋道具街」の様相を呈するようになった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820172

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト