MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

カタツムリ
【かたつむり】

「ヤリ」を出したカタツムリは、「恋愛中」のしるし

カタツムリは、日没後と夜明け前によく動く夜行性。しかし、乾燥が著しいときや気温が低いと休止しているが、雨が降って湿度が上昇すると昼間でも活動をする。梅雨の時期に、アジサイの葉っぱの上や道ばたでよく見かけるのは湿度の影響だ。よくよく見てみると、ぬうっとヤリを出しているときがある。これは恋愛中のときに出すもので、「恋矢」といわれており、石灰質の透明な針である互いに相手の恋矢の根元をくすぐったり、からませたりして刺激し合い興奮を高めるそして最高潮になったとき交接器と呼ばれるものを矢の根元に入れて生殖する。カタツムリのほとんどは、雌雄同体の動物でオスとメスの区別はないが、雌雄両性の生殖器を持っているため、違う個体が互いに交尾して精子を交換する。生殖期はおもに梅雨の時期であるが、春から秋まで交尾がおこなわれる。繁殖期になると、大触覚の間から頭瘤というこぶ状のものが出てきて性フェロモンを分泌することが知られている。また、相手がいないときには自家受精することがある。生殖後は両方母親になり、土中に深さ約七センチの穴を掘って、一度に二〇?四〇個の卵を産む。卵は直径二?三ミリの球形で、石灰質の殻で包まれている。気温によって孵化までの期間は異なるが、二?四週間で幼貝になる。寿命は種類にもよるが、一年半?四年くらいで、産卵後数カ月で親貝は死亡する。なお、いまとなってはレストランでおなじみの「エスカルゴ」。これは中部ヨーロッパに広く分布する食用のカタツムリで、フランス料理では「エスカルゴティエール」といわれる。ふんわりとしたバターの香りとガーリックの風味は濃厚なエスカルゴと相性がよく、熱々のうちに食べるとたいへん美味である。日本に生息するカタツムリは、恋矢があるため食べられないから、間違っても口にしないように。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820164

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  手のひらを太陽に  麻薬犬  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト