MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

イヌ②
【いぬ】

人間だけじゃなかった!イヌも夢を見るってホント?

イヌが人間とともに暮らしてきた歴史は古い。旧石器時代末期にあたる一万二〇〇〇年くらい前の住民の遺跡から、人間と生活を営んでいたと思われるイヌの骨が発見されている。新石器時代になると、すでに飼いならされて明らかに家畜として生活していたイヌの骨が発見されており、人間と一万年以上もずっと生活をともにしてきていることがわかっている。イヌ好きの人ならおわかりだろうが、イヌには結構表情があって、飼い主に表情が似てきたり、飼い主がイヌに似ていく場合もある。イヌと一緒に生活して、その寝姿をじっと観察していると、まるで人間のように寝返りをうってうなるような声を出したり、ちょっとビクッとして足を動かしたりすることがある。要は、まるで人間が夢を見ているときのような仕草をするのだが、イヌもそのとき夢を見ているのだろうか?人の場合、夢を見ているかどうかは脳波を調べなくても仕草で比較的簡単にわかる。睡眠の質でいうと「レム睡眠」の間で、眼球がまぶたの下でキョロキョロと定期的に動く。このときの脳波を調べると目が覚めている状態と同じものがあらわれるため、その瞬間に人を起こすと、たいていは「夢を見ていた」というのである。イヌを飼っている人なら見たことがあると思うが、イヌも人と同じように寝ているときにまぶたの下で眼球がキョロキョロと動いているときがある。なんとなく、夢を見ているのだろうなと感ずる表情もしながら眠っているものだ。元日本獣医生命科学大学の野生動物学教室の和(にぎ)秀雄教授によれば、おそらく状況からすると、イヌもこのとき人と同じレム睡眠の状態で、夢も見ているのではないかと思われるという。だが、現在の技術ではまだ人とイヌは会話することができない。その状態のときにイヌを起こしてみたところで「いま夢を見てた?」とは聞けないから、確認のしようはないのであるが。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820055

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト