MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

イヌ①
【いぬ】

イヌは嬉しいと尻尾を「右」に大きく振る

イヌが尻尾を振っていたから、つい手をだして撫でようとしたら?まれそうになった、などという体験はないだろうか。「尻尾を振っているのは機嫌がいい証拠では?」と思えるところだが、振り方によっては必ずしもそうでない場合もある。イタリア・トリエステ大学のジョルジョ・バッロールティガラ氏らの研究チームがおこなった実験では、イヌは飼い主を見たときには右に元気よく尻尾を振るが、見知らぬイヌなどを見た場合には左に振ったという。また、飼い主でない人間や、ネコの場合にも尻尾を右に振ったが、その振り方飼い主のときよりも小さかったそうだ。もともとイヌが尻尾を振るのは、後方にいる相手に警戒を示すためという。スイスの動物行動学者によれば、尻尾で感情をあらわすのは、イヌの遠い祖先であるオオカミの習性の名残だそうで、その頃のイヌは、群れの序列や力関係を示すために相手を威嚇する必要があるときに、尻尾をピンと立てて小刻みに振っていたという。現代のイヌも同じで、興奮したときは尻尾が立ち、小刻みに振る。振り幅が小さく速いときは威嚇の意味がこもっているのである。ちなみにイヌの感情は、尻尾だけではなく耳の形によってもわかることがある。イヌは攻撃的になっているとき、耳がピンと立っている。緊張しているのだ。逆に、後ろに倒すように寝かせているときはリラックスしている証拠。自分より強いイヌに出会って怯びえているときなどは、耳を下げ、尻尾を股間にはさむなど、常に耳と尻尾はセットで感情をあらわすことが多い。イヌの気持ちを理解せずに、尻尾を振っているからといってむやみに近づいては、痛い目を見ることになりそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820054

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト