MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

イチロー
【いちろー】

次男なのに「一朗」と名づけられた深い理由

シアトル・マリナーズのイチロー選手といえば、松井秀喜選手、松坂大輔選手とならぶ野球界のスーパースターだ。野茂英雄選手が日本人投手としてメジャーリーグに進出する礎を築いたとすれば、このイチローの活躍が、日本人打者として進出する土台を築いたといえよう。振り返ってみれば、鈴木一朗というあまりめずらしくない名前にインパクトを付けようと、オリックスブルーウェーブ時代の監督・故仰木彬氏が考え出したといわれる登録名が「イチロー」だった。一九九四(平成六)年に、球界のなかで改名をして、その年にオープン戦から大活躍し、いきなり首位打者に輝いたのだ。ちなみにこのとき、改名がイチロー一人ではかえって目立ちすぎてしまうということで、佐藤和弘選手が「パンチとして併せて登録されている。さて、日本人の名づけの感覚からいうと、「一朗」はもちろん長男なのだろうと思うのが一般的だろう。だが、野球ファンなら知っているだろうが、イチロー選手は次男である。彼には、自分のイチローブランドデザイナーを任せているお兄さんがいるのだ。これにはお父さんの宣之さんに深い考えがあってのこと。鈴木流の子育て論といったところだろうか。実は、お兄さんにも「一」がついている。イチロー選手の祖父が「銀一」さんといって、一という字はそこから受け継いだ文字であり、また、一は縁起がよさそうだという思いもあったという。お兄さんは、一泰(かずやす)。お兄さん生まれた当時、イチロー選手のお父さんサラリーマンをしていたそうで、一に「安泰」ということで、そのように名づけられたそうだイチロー選手の場合は、誕生の頃、お父さんは独立して商売をしていたので、一に「明るく朗らかに」ということで、付けた名前なのだという。次男だからと、こだわることはなかったそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820047

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト