MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > お金

一円玉
【いちえんだま】

水より重いのに水に浮くのはなぜ?

一円玉そっと水面にのせれば、一円玉は沈まない。一円玉の材料であるアルミニウムは立派な金属で、水よりも二・七倍も重たいだから、本来ならば、その重さで沈んでいくはずなのであるにもかかわらず一円玉が浮いていられるのは、水の表面張力が影響しているからだ。表面張力とは、簡単にいうと、水の分子同士が引っ張り合いをしている力のこと。水の表面では、上に引っ張ろうとする力がないため、水の分子で引っ張り合いできるのは、横のつながりの分子だけ。つまり、水平方向にしか力が働かないというわけだ。たとえば、コップなみなみと水をついでも、水滴がこぼれそうでこぼれないのも、表面張力のおかげだ。この表面張力のために、本来なら沈むはずの一円玉も、なんとか水の表面に浮いていられるというわけだ。しかし、表面張力にも限界がある。もし、一円玉がいまよりも大きかったり、厚みがあったりして、もっとアルミの量が増えれば、さすがの表面張力一円玉支えることはできず、一円玉は沈んでいってしまうはずだ。また、一円玉が水に浮くといったが、これはあくまで真水の場合でのこと。たとえば、この水に食器用洗剤を入れると、途端に一円玉は沈んでしまう。これは、洗剤が一円玉にくっついて、一円玉と水をくっつきやすくするからだ。表面張力は、水の分子が引っ張り合う力と説明したが、そこには自分たちの分子以外を排除しようという力が働いている。つまり、表面張力とは、水の分子同士が、手をつないでお互いに引っ張り合っていることで、ほかの分子を自分たちの縄張りに入れないことでもあるのだ。ところが洗剤は、水の分子とすぐにくっつく性質がある。そのため、洗剤がついた一円玉は水の分子にすぐにくっついてしまい、表面張力支える力を利用できず、沈んでしまうのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820045

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト