MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

イクラ
【いくら】

語源は「魚の卵」で、ロシア語でも「イークラ」と発音する

日本では、サケの卵を一粒ずつバラバラにほぐして塩漬けにしたものがイクラだ。明治時代にロシア人から、イクラのつくり方が伝えられたといわれている。語源はロシア語の「イークラ」で、「魚の卵」という意味であるイクラは、漁獲されてから数時間以内に、卵巣から卵をとり、その場で塩漬けや醤油漬けにされる。卵巣のままだと「スジコ」といい、こちらも塩漬けにする。生のスジコを買ってきて、家でイクラをつくることもできる。栄養としては、ビタミンAやパントテン酸が多く含まれる。コレステロールも多いが、中性脂肪値を下げる働きもある。ちなみに、マスの卵は「マスコ」、ニシンの卵は「数の子」、スケトウダラの卵は「タラコ」、トビウオの卵は「トビッコ」である。高級珍味「キャビア」はチョウザメの卵で、「カラスミ」はボラの卵を塩漬けにして干したものである。なお、イクラには、海藻抽出物で外側の膜をつくり、なかに植物油を入れ、天然色素で色づけされた人造イクラもある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820036

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

◆「イクラ」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト