MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類

アンコウ
【あんこう】

食用アンコウのほとんどはメス

ガバッと大きな口を開けて、海底をごそごそと動いているアンコウお世辞にも美しい姿とはいえないが、鍋にして食べたり、肝のとも和えにすると、抜群においしい魚である。このアンコウだが、キアンコウやクツアンコウといった食用のものは、ほとんど「メス」だというから不思議。動物や魚の場合、メスのほうが体が大きいという種類も多いが、アンコウの場合、極端にメスのほうが大きいという。食用ではないが、チョウチンアンコウの一種であるミツクリチョウチンアンコウなどは、成長したオスがメスの三分の一から二〇分の一ほどの大きさ程度。しかも、オスはメスの体を見つけると、その体に吸い付く習性があり、メスのあの大きな口の周りの皮膚に張り付いたまま吸収されて、メスと一体化してしまうという。そして、オスはメスの血管を通して栄養をもらいながら生き続けるという。これは繁殖のためで、チョウチンアンコウの生活する深海では、オスとメスがめぐり合う確率がとても低い。そのため、出会ったらすかさず、繁殖期であるなしにかかわらず、張り付いてその時期を待つという。だから、一匹のメスに、複数のオスが張り付いているというケースも珍しくない。繁殖の方法は、オスが、メスが産卵したときに精子をかける。そのために、合体しているのがいちばん効率がいいのだ。ちなみに、養殖アンコウの場合、オスは繁殖の目的だけに使われて、食用になるのはほぼすべてがメスとなっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820031

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト