MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

アンデスメロン
【あんですめろん】

名前についているアンデスとは、実は「安心です」の意味だった!

マスクメロンと同じように、表面に網目のある青肉系のメロンであるアンデスメロン」。その名の由来はというと、きっとアンデス地方の原産だろうと憶測したくなるが、実はアンデス地方とは縁もゆかりもない。メロンの原産は北アフリカである。それなのになぜ、「アンデス」の名を冠しているのかというと、この「アンデス」はアンデスでも、「アンシンデス(安心です)」の略語なのである。本当は「アンシンデスメロン」という名で売り出す予定だったのだが、センスがないという意見があり、ここはカッコよく(?)「アンデス」という短縮形としてネーミングしたというわけだ。アンデスメロンがお目見えしたのは一九七七(昭和五二)年、株式会社サカタのタネが品種改良の末、開発した。親株の一方はマスクメロンだが、もう片方の親株については公表されていない。マスクメロンのような味わいのわりには価格が手頃とあって、メロンのなかでも人気が高い。それにしても、開発当時は、いまのように栽培の安全性がクローズアップされてはいなかった。にもかかわらず、「安心」をわざわざ強調したのはどうしてだろうアンデスメロンの「安心」とは、消費者が食べて「安心です」という意味なのはもちろん、農家がつくるのにも「安心」で、八百屋さんが売るのにも「安心」との意味だそうだアンデスメロンは害虫がつきにくく栽培しやすい品種なので、農家にとってはつくるのが「安心」。病気をしにくいから、消費者は食べて「安心」。そして八百屋さんにとっては、人気のメロンでよく売れるので、商売の上でも「安心」といったところだろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820032

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト