MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳魚介料理 >

グリル焼き

単純さゆえに奥深い、イタリア風の焼き魚料理

グリル焼き

焼く。それは、最も基本の料理法といえるだろう。なかでも原初的なのが直火焼き。グリル焼きと称される料理だ。炙焼き、網焼きなどもこれに属する。あまり手を加えずに焼く単純さゆえに、素材の質と料理人の力量が問われる。肉を焼くイメージが強いが、南イタリアの料理では、魚もよく登場する。魚を焼く、すなわち焼き魚。日本のそれとさほど変わらなそうだが、そこはイタリアン。オリーブオイルと香草やスパイスで風味豊かに仕上げる。ソースやつけ合わせバリエーション持たせることも多い。写真は脂の乗ったメカジキ切り身を使い、焼き野菜を添えて。

ちなみに、イタリア語に疎いと、alla ~=「~風」としがちだが、allaは冠詞と結合した前置詞で、後に続くのは「~風」に限らないから注意。網焼きは、ai erri(アイフェッリ)ともいう。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541080

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  カサレッチェ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト