MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳パスタ料理 >

カルボナーラ

卵黄とチーズをベースに黒コショウ、山間地で生まれた炭焼き風

カルボナーラ

炭焼き風」。よくそう呼ばれるが、carbonara(カルボナーラ)の意味は「炭焼き職人」なので、正確には「炭焼き職人風」。かつて炭焼き職人たちが、山の炭焼き小屋に泊まりこんで作業する際に考案したのが始まりとの説がある。卵黄と、ペコリーノかパルミジャーノ・チーズグアンチャーレまたはパンチェッタを使った、とろりとなめらかでコクがあるソースだ。スパゲッティにからめ、仕上げに黒コショウを振るのがポイント。この黒コショウが炭の粉を表すとされている。

元はローマ地方の山間部で作られていた郷土料理。材料もそこにあるものだけを使う素朴なもののはずだったが、日本では生クリームを入れる、こってりと濃厚なレシピが広まっている。パスタは、スパゲッティのほかフェットチーネなど幅広の麺を使うこともよくある。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541048

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  アクアパッツァ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト