MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳前菜 >

カルピオーネ

バルサミコ酢の風味が生きる南イタリア風南蛮漬け

カルピオーネ

フランス語のescabèche(エスカベーシュ)の名でも知られる。ひと言でいえば南蛮漬け。つまり、唐揚げにした素材を、酢をベースにした漬け汁に浸した、日本でもおなじみの料理だ。揚げる素材もアジやイワシといった日本人にも親しみ深い魚が多く、野菜を一緒に漬け込むことが多いのも同じ。だが、そこはイタリアン。油はオリーブオイル、酢には風味豊かなバルサミコ酢を使い、パプリカルッコラカラフル楽しい。青魚とタマネギをはじめ、さまざまな野菜、そして酢の組み合わせは、ヘルシーさっぱりしていて、夏の前菜にふさわしい。

メニュー名では、メイン素材名にin carpione(イン カルピオーネ)と続けるのが一般的。pesce(ペッシェ)は魚で、例えばイワシならSarde in carpione(サルデ イン カルピオーネ)。なお、同様の料理にScapece(スカペーチェ)もある。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541013

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  クアトロ・フォルマッジ  カルピオーネ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト