MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳前菜 >

カルパッチョ

赤い生肉の薄切り料理から鮮魚の刺し身の洋風仕立てへ

カルパッチョ

日本でおなじみのカルパッチョといえば、刺し身の洋風仕立てといったところが一般的。だが、この鮮魚のカルパッチョというのは、元々はイタリアになかったという。本来は薄切り生肉にソースチーズを振りかけた料理。名の由来は諸説あるが、イタリアの画家Vittore Ca r p a c c i o(ヴ ィットーレカルパッチョ) の絵の特徴である独特な赤い色づかいを、牛の赤い生肉で表した料理として誕生したらしい

その赤い牛肉が、日本で赤身のマグロになり、それがタイなど白身魚にも適用されて、ついにはイタリアにも逆輸入される至っている。写真はマダイを使用している。新鮮な生魚を薄く切って涼やかに並べ、オリーブオイルを回しかけ、ピンクペッパーと緑鮮やかディルを添えて。あっさりしたタイの風味が、爽やか引き立つ




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541012

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 香草パン粉焼き  ストゥファート  クアトロ・フォルマッジ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト