MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳イタリア料理の基礎知識 >

地方分類と郷土料理1

地方分類と郷土料理1

地方の分類と特徴・各州の主な郷土料理

イタリア料理は各州の料理の集合体といわれる。州によって個性の強弱はあるが、南北に大別するなら、北部はバターチーズなどの酪農品やキノコ類が豊富。パスタだけでなくリゾットなど米料理も食べる。冬の寒さが厳しい地域では身体が温まる煮込み料理やスープ類も多い。全般に肉料理が中心だが、ヴェネツィアやジェノヴァなどの沿岸部では魚介類も好まれている。バターを料理に多用する北部に対して、南部ではオリーブオイルトマトベースにした料理が多い。新鮮な海の幸のほか野菜や果物の収穫も多く、ヘルシーな料理が目立つ。国境近くでは隣国の影響もみられる

ピエモンテ州]
酪農と畜産が盛んで、食材はバターチーズなどの乳製品、肉や野菜などが中心。世界三大珍味・トリュフの名産地でもある。主な料理は「バーニャカウダ」(P40)、「ブラザート」(P113)、ジビエ(狩猟による野生の獲物、P179~P181)、香り高いトリュフ(P192)でアクセントをつけた料理など。米の産地なのでリゾットもよく登場する。食にはグリッシーニ(P89)がよく添えられる。お菓子の種類も豊富だ。トリノはチョコレート工房が数多く、ヘーゼルナッツは名産。プリンデザートの「ボネ」(P117)は代表的な食後のデザートだ。

[ヴァッレ・ダオスタ州]
フランススイスに国境を接するイタリア最北西部の州。グロッラとよばれる木製の器で飲むアオスタ風コーヒーエスプレッソレモンの皮やグラッパ、砂糖などを入れたもの)は名物。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541004

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  カサレッチェ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト