MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogosたまごたまご辞典 > 卵に関わる栄養素

コレステロール③
【これるてろーる】

~そもそもコレステロールとは~
 私たちの体はたんぱく質、糖質、脂質、ビタミンミネラルそして水などでできています。そのうち脂質は4種類あります。一つがコレステロールです。ほかは脂肪酸、中性脂肪、りん脂質です。ではコレステロールどんな働きをしているのでしょうか。

・細胞の細胞膜をつくる主成分
・脳神経の刺激を伝える神経組織の成分。
・胆汁酸に変化して脂肪の消化をたすける。
・若さを保つ性ホルモンストレスに対抗する副腎皮質ホルモンなど、様々なホルモンの原料になる。
ビタミンA、E,Kなど脂溶性ビタミンの吸収を助ける

などコレステロールはよく働いているんですよ。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogosたまご」
JLogosID : 14790149


【辞典内Top3】 種鶏  有精卵と無精卵の違い  ロコモコ丼  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト