MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

すし手帳 >

本みるがい

本みるがい

ヘンな標準和名は、海松(海藻の一種)が付着した太くて長い水管(この部分を食用とする)を殻に引っ込めるとき、海松を食べているように見えることから。海底の砂泥に深く潜っており、漁師は潜水して高圧水で周辺の砂泥を吹き飛ばして掘る。今では資源が減って、代替品として登場した白みる貝(ナミガイ)が多く流通している。
写真は千葉県富津産の本みる貝。特筆もののしっかりした歯ごたえと深い甘さ、口にあふれるほどの磯くささがすらしい。だが、この強い香りを嫌う人も少なくない。好き嫌いを二分する、くせのあるすしダネといえる。




東京書籍 (著:坂本一男)
「すし手帳」
JLogosID : 8003078

この辞典の個別アプリ

すし手帳
すし通必携。 94貫収録。 1貫1貫を丁寧に撮影した握りの写真、素材の魚についての解説・薀蓄など、すし通のための完璧なデータがつまったアプリ。

【辞典内Top3】 いくら  あかいか  しろいか  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「すし手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:坂本一男
価格:1,512
収録数:90貫
サイズ:15.8x9x0.8cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487802371

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト