MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

焼肉手帳合鴨肉 > 基礎知識

合鴨ってどんな鴨?
【あいがもってどんなかも?】

アヒルは野生のマガモが家禽化したもの、合鴨(間鴨、相鴨とも)はそのアヒルとマガモの交雑種をいう。

合鴨はアヒルに比べて体が小さくて肉量が少なく、成長が遅く繁殖力も低い。このため食用に飼育されることは極めて稀で、一般にはアヒルの肉が合鴨として流通している。

鶏に似た肉はやわらかく、匂いも少ないたっぷりの脂肪には必須脂肪酸リノール酸などが多く含まれ、ダイエッター向き。肉は雄より雌のほうが脂がのって上質とされる

ちなみに本場フランスには、フォアグラ(餌を与えて肥育した鴨などの肥大した肝臓)採取専用に品種改良された鴨もいるとか。




東京書籍 (著:東京書籍出版編集部)
「焼肉手帳」
JLogosID : 8015153

この辞典の個別アプリ

焼肉手帳
牛・豚・鶏から、馬・合鴨まで、焼肉店、焼鳥店のメニューでもう困らない、全134部位収録。肉を知るための画期的な手帳アプリ。

【辞典内Top3】 ガツ芯  タンカルビ  小肉  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「焼肉手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍出版編集部
価格:1,512
収録数:198
サイズ:16x9.2x1.2cm(-)
発売日:2009年7月
ISBN:978-4487803408

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト