MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

焼肉手帳牛肉 > 基礎知識

モツに紅白の違いあり
【もつにこうはくのちがいあり】

内臓は一般に、循環器系の赤モツ─心臓、肝臓など─と、消化器系の白モツ─胃、大・小腸など─の2種に分けられる。枝肉と違ってモツは熟成せず、取り出されてすぐに劣化が始まるから、特に刺身も焼きも生を用いることが多い赤モツは、とにかく鮮度が命だ。
一方の白モツ。取り出された後も自己消化が進んで身が痩せるため、早いうちに下処理して熱を通し、消化酵素の働きを止めなければならない。白モツが焼く前からボイルされてることが多いのはこのせいもある。ただ本書掲載の白モツ(豚も含めて)の多くは、最初から生で焼くように仕立ててある。これは素材の鮮度のよさと、作り手の技の証し。




東京書籍 (著:東京書籍出版編集部)
「焼肉手帳」
JLogosID : 8015002

この辞典の個別アプリ

焼肉手帳
牛・豚・鶏から、馬・合鴨まで、焼肉店、焼鳥店のメニューでもう困らない、全134部位収録。肉を知るための画期的な手帳アプリ。

【辞典内Top3】 ガツ芯  タンカルビ  小肉  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「焼肉手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍出版編集部
価格:1,512
収録数:198
サイズ:16x9.2x1.2cm(-)
発売日:2009年7月
ISBN:978-4487803408

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト