MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 長月

防災の日
【ぼうさいのひ】

 九月一日。大正一二年(一九二三年)九月一日午前一一時五八分に起きた関東大震災の教訓を生かすため、昭和三五年、この日を「防災の日」とすることが定められた。関東大震災は地震エネルギーマグニチュード七・九)からも、被害の大きさ(死者・行方不明者は約一四万人)からも、日本史上最大級の地震だった。
 七世紀末の天武天皇の時代は地震が多く、とくに天武一三年(六八四年)一〇月一四日の夜には、「山崩れ河涌く」大地震にみまわれ、倒壊した神社仏閣は数えきれぬほどだったと『日本書紀』に記されている。このときの地震のマグニチュードは八以上と推定されている。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040162


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト