MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 葉月

後の薮入り
【のちのやぶいり】

 江戸時代の奉公人は、正月と盆ぐらいしか休暇がなかった。正月一六日に、一日の休暇をもらって生家に帰ることを「薮入り」といい、盆の七月一六日の休暇のことを「後の薮入り・秋の薮入り」という。語源については、都会から薮深い田舎の生家に帰るからという説がある。江戸初期の『和漢三才図会』には、「孤独な身の上の者は、帰る家もないので、薮の中に入って遊ぶのも随意という意味だろうか」という解釈が載っている。
 薮入りは走百病とも書く。古く中国で、正月一六日は寺院に詣でる習慣があり、これを走百病(あちこち歩き回るという意味か)といった。休暇をもらった奉公人は、寺の境内や門前の店で遊ぶことが多く、走百病を薮入りの別名としたようだ




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040160


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト