MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 水無月

水無月
【みなづき】

 旧暦六月の異称。新暦では七月頃にあたる。『万葉集』には「六月の地さへ割けて照る日にも 我が袖乾めや君に逢はずして」(作者不詳)という歌がある。真夏の日照りで地割れ生じるような陰暦六月の気候を詠んだものだ。そこで暑さで水が涸れるミズナシ月とし、水無月の字をあてたといわれる。
 農業に関係させてタミノツキ(田水乃月)、ミズナヤミヅキ(水悩月)を語源とするという説もある。カミナリ月に由来するともいわれるが、やはり水と関係するとみるのが妥当のようだ。水上をミナカミと読むことから(ナはノの意)、水月=ミナヅキとする説もある。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040137


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  盆踊り  クォーツ時計の原理としくみ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト