MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 長月

仲秋の名月
【ちゅうしゅうのめいげつ】

十三夜の月を愛でるのは日本だけ

 仲秋は三秋(初秋・仲秋・晩秋)の中の月で中秋とも表わす。旧暦八月の異称である
 中国では旧暦八月の望(満月)の日を、中秋節・八月節と呼び、菓子や果物を月に供える風習があった。月餅は中秋節の供物である
 日本でも古くから月見団子を供えて十五夜の月を愛でる風習があった。日本では旧暦九月一三日にも月見をする。これは「十三夜」あるいは「後の月」と呼ばれ、中国にない風習である。収穫祭を兼ねて里芋や豆を供える地方もある。これを芋名月豆名月という。東北地方では八月の十五夜豆名月、九月の十三夜芋名月と呼び、西日本では逆に、八月の十五夜芋名月、九月の十三夜豆名月と呼ぶところが多いという。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040164


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト